今回の記事では、ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座についての概要について紹介したいと思います。
どんな資格を取得することが出来るのか、どのような人に向いているのか、実際に受講した人がどのような評価を与えているのか等、気になる点をまとめてみました。

これから受講しようと考えている人は、さらっとだけでも良いのでこの記事に必ず目を通してください。

ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座とは

どんな資格?
こちらの項目ではビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座の概要について紹介したいと思います。
ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座とは、諒設計アーキテクトラーニングが主催している資格を取得するための講座の1つです。

ビーズアクセサリーデザイナーの概要
ビーズアクセサリーデザイナーとは、日本デザインプランナー協会が主催する認定試験に合格した者に与えられる資格の1種です。
ビーズアクセサリーに関する基礎知識と、それらの知識を人に教えることが出来るかどうかを認められたものに与えられます。
ビーズアーティストの概要
ビーズアーティストとは、日本インストラクター協会が認定している資格の1つです。
資格を取得することで、ビーズアクセサリーに関する知識を身に着けることが出来ます。
人に的確にアドバイスをすることが出来る知識を保持していることが証明されます。

ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座では、上記で紹介したビーズデザイン(アクセサリー)に関する2つの資格を取得することが出来ます。
ビーズは現代人のアクセサリーとして高い人気を継続し続けている素材の1つです。
若い人から高齢の方まで、素材は違えど多く楽しまれています。
材料を自分で持ち寄って、試行錯誤しながら作品を作ることに魅力を感じる人が多いようです。

将来ビーズデザインのアドバイザーとして活動したいと考えている人は、当講座と受講することでインストラクター、アドバイザーとしての土台となる知識を身に着けることが出来るので趣味としても仕事としても取得しておくことで損がない資格だと思います。

ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座の特徴とは?

ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座の特徴を紹介したいと思います。
ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座は名前から察することが出来る通り、ビーズアクセサリーの加工に関する資格を取得するための講座です。

そのため、様々なビーズの加工に関する深い知識を得ることが出来ます。
ビーズは世界的にも人気があるので、世界で活躍するビーズデザイナーになるのも夢ではありません。
カウンセラーやアドバイザーとして活動を行うことで、今の年収よりも上の金額を狙うことも不可能ではなく転職のポイントとして受講している人もいる程です。

内容は他の講座と比べると、どうしても技術的な面の内容が濃いので難しそうという印象があると思いますが実際に受講を始めると、初心者でもわかるように詳しく解説がされているので身構える必要はありません。

もちろん趣味の為の知識として受講することも良いと思いますよ!

ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座はどんな人に向いている?

どんな人にオススメか
ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座は、どんな人に向いているのか紹介したいと思います。

ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座はビーズに関する専門知識を身に着けることが出来る資格なので、単純にビーズデザインに興味を持っている人にお勧めすることが出来ます。

百貨店やアクセサリーショップで販売されているようなきれいなビーズアクセサリーを自分で作ってみたいと思ったことはりませんか?

ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座を受講することで、今まで知らなかったビーズアクセサリーの作り方に関する知識を身に着け将来的にあなたの職業の選択肢を増やすことに繋がるのです。

資格取得後の活動はどんなものがあるの?

ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座で得られる資格を取得した後にはカルチャースクールなどで講師として活動することも出来ます。
もちろんカウンセラー、アドバイザーとして独立し人々の睡眠に関する悩みを解決することも出来ます。

ただ、ビーズデザインの資格は趣味として利用している人が多いように思えます。
自分が使いたいように、資格取得時に得た知識を利用してみてください。

ビーズアクセサリーデザイナーW資格取得講座の口コミ

・ビーズが単純に好きなので、興味を持って受講してみました。
今まで知らなかったビーズの素材やデザイン法、作り方などを知ることが出来たので非常に有意義な資格を取得することが出来たと感じております。

・娘と一緒にビーズデザインを楽しみたいと思って受講しました。
人に教えることも以前より上達したと感じており、趣味以上に楽しむことが出来ています。
今度インストラクターとして活動してみようと思っています。